PROJECT

サイズの出し方・測り方

サイズの出し方・測り方

服を作成していくうえで、サイズ感や寸法は非常に重要です。 アパレル製品の寸法指示の出し方について、下記に図解させて頂きます。    

ミシンについて

ミシンについて

1枚の洋服をカタチにするのには、約3~5種類のミシンを使用します。特にカットソー製品に仕様するミシンは種類が多く、工場にはたくさんの種類のミシンを用意しています。少しですが一例をあげさせていただきます。   1枚目:本縫いミシン  2枚目:ロックミシン  3枚目:3本針ミシン  4枚目:バインダーミシン  5枚目:かん止めミシン  6枚目:ホールミシン 全部をあげますとキリがないほど数多くのミシンを備えており、製品のデザインや素材、強度等を考えながら、職人が一番最適なミシンを使い分け、皆様に考えていただいた想いをカタチに変えます。

グレーディングについて

グレーディングについて

基本サイズのパターン(マスターパターン)が完成したら、グレーディング作業に入ります。グレーディングとは、パターン(型紙)を、サイズ展開に合わせて修正して行くものです。 グレーディングは単なるサイズ展開と思われがちですが、どのサイズもデザインを生かし、素材、機能性、体形などを考慮する必要があります。 グレーダーと呼ばれる専門職の職人が、サイズ毎のパターンを完成させます。  

縫製仕様書について

縫製仕様書について

今回ご参加いただく皆様に提出していただいたデッサン画や詳細文等を基に、メールやDM、必要に応じては電話やzoom等にて必要な情報を整理させて頂き、「縫製仕様書」を作成していきます。縫製仕様書は製品の出来上がり寸法や部分的なこだわり、プリントや刺繍などの二次加工に至るまでを図面化し、設計図のような役割を担います。 下記に過去のデーターではありますが、トップスの例をあげさせていただきます。     上記とは別に、下図のように各部位の寸法を記入する項目があり、頂いたイメージを基に具体的なサイズ感を決めていき、確定後サンプルの作成に入る!といった流れになります。

生地について

生地について

プロジェクト参加者様の生地選び方について   既にご存じの方もいるかと思いますが、アパレル業界では、図1のことを「生地スワッチ」と称します! スワッチには、実際の生地と生地の機能や混率等の説明書きがしてあり洋服つくりをする際欠かせないものになります。     図2、図3のようにスワッチには色々な種類があり。 皆様の構想するカタチにしたいを打ち合わせでお聞きし、プロの人間が生地を何種類か選定、スワッチを参加メンバーの方にお届けし、実際に生地スワッチを見て触ってお選びいただき、生地選びコンプリートとなる流れです!      

【タイムテーブル】2022年Spring summer

【タイムテーブル】2022年Spring summer

2021/8/13 更新 お世話になっております。今後のスケジュールのお知らせです! プロジャクトにご参加いただける方は、ご自分がカタチにしてみたい製品のデザインのラフ(こんな感じで作りたい)案を8月31日までに決定の上、ご提出お願いします。 【テーマ】 2022年spring&summer向けアパレル製品を1デザイン(アイテムの種類は問いません) ただし下記の条件に当てはまるアイテムは、製造期間の都合上今回は除外させてください。 ※シューズ・バック・アクセサリーなどの雑貨類 ※ニット(セーター) ※皮革(合成皮革も含む) ※デニム素材 【ご提出をお願いしたい内容】 ・素材感 ・カタチにしたい物の簡単な「デッサン画」、もしくはこの商品に似たものにしたいと考える「既存の洋服の写真」※どちらも携帯で撮った写真の添付で構いません ・製品のサイズ感(首回り、腕回り、股下等)こだわり部分などの情報を可能な限り簡単に記入 【提出手段】 いずれかどちらでも結構です。 border.n0129@gmail.comへのメール InstagramからのDM 【御連絡事項】 ・本プロジェクトは、プロジェクトにご参加いただく方に、金銭的なご負担をお願いすることは一切ございません。 ・ご提出いただいた図案やデザイン等は転用・転記・転売等の利用は一切いたしません。 ・ご提案頂いた素材やデザイン等、日本生産が難しいものや、スケジュール的に難しい場合は、修正や変更をお願いする場合がございます。 ・現在ご依頼をお願いしている方は、皆様全員に参加の資格がございます。しかしながら現段階ではもちろんこちら側で強制させていただくものではありませんので、最終的なご参加の決定については、追ってご判断いただけましたら幸いです。 【今後のお打ち合わせの流れ】 提出していただいた内容を確認させて頂き、メールやインスタDMにて返信をさせていただきます。必要な場合はお電話やzoomにてのお打ち合わせをご提案させていただきますので、可能な範囲でご対応をお願いしたいと存じます。 よろしくお願いいたします。     2021/8/11 更新 本プロジェクトは、2022年Spring summerに向けた製品のご紹介からスタート致します。 プロジェクトの準備期間は2021年9/1〜となります。 現在ご参加頂く皆様のメンバー調整に入らせて頂いております。 詳細のタイムテーブルは、順次公開させて頂きますので、こちらのページでご確認ください

fashion project 特設HP

fashion project 特設HP

このHPは、ファッションプロジェクト参加に御賛同していただいた方への、進捗HPになります。   プロジェクト概要説明 本プロジェクトは、秋田県の縫製工場「株式会社ランティエ 」が、アパレル製品の大量廃棄といった現状を打開すべく、SDGsへ向けた取り組みとしてスタート致します。 ファッションやコーディネイトでトレンドの先端を行くインフルエンサーの皆さん30人に、テーマに沿ったアイテムを提案頂き、1枚ずつ丁寧に製品化致します。 素材やプリントなどの二次加工、縫製に至るまで一切の妥協をせず、ファッション性が高く高品質な製品を、リーズナブルな価格で作り上げること。 受注生産システムによって、必要な数量のみ生産する事。 国内製造業の利点を活かして、極めて単納期で皆様へお届けする事を目標とした、今までに無い受注製造販売プロジェクトです。 2021年S/S商品の販売開始に向けて、目下準備中です。ご期待ください!  

工場ご紹介

工場ご紹介

縫製工場は、昭和の経済成長期に大きな役割を担った業種の一つです。現代においては少子高齢化により人員の確保が難しくなり、大半の縫製工場が外国人研修生の労働力に依存しなければならない状況です。そんな中で株式会社ランティエは、縫製をする事が大好きで、本当にものづくりにこだわりたい日本人従業員のみで構成された、職人集団です。ミシンの目ひとつひとつまでこだわり抜いたこだわりの製品を、1着ずつ丁寧に縫製しております。       この動画の最後に足を延ばしてしゃがんでいるのがprojectリーダーの森です。よろしくお願いします。

SDGs

SDGs

ファッション産業では、原材料の調達、生地・衣服の製造、そして輸送から廃棄に至るまで、それぞれの段階で環境に影響を与えています。現在、企業においては環境負荷を少しでも低減させるための様々な取り組みが図られていますが、衣服は色々な素材が混合されてできており、また海外における生産段階は、数多くの工場や企業によって分業されているため、環境負荷の実態や全容の把握が困難な状態となっています。 在庫を残さない生産販売で廃棄量を激減する     受注生産のメリットを色々な方へ知ってもらいたい。まずは認知そして基盤つくりへ